トレチノインはビタミンA誘導体の一種です。ビタミンAは角質層の保湿効果や表皮細胞を保護する効果があります。
トレチノインはそのビタミンAの50~300倍もの生理活性がある物質として知られていて、様々な肌のトラブル改善効果が期待できると言われています。
もともとトレチノインは人間の血液の中にも微量ですが含まれているので、アレルギーなどを起こしにくいという特徴もあります。
トレチノインが美白に効果があると言われている理由は、肌の新陳代謝を活性化するためです。
紫外線に当たるとメラニン色素が生成されて肌を守る働きを行います。
このメラニン色素が含まれた細胞が肌に残っているとシミになってしまいます。
トレチノインはターンオーバーを活発にすることでメラニン色素の含まれた細胞の排出を早めてシミを薄くし消す効果が期待できます。
また、肌のターンオーバーが乱れてしまって古い角質が肌に残っていると肌がくすんでしまいます。
ターンオーバーの改善効果によってくすみの改善にもトレチノインは効果を発揮すると言われています。
他にもコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すので肌のハリや弾力が増しシワの改善効果、皮脂の分泌量を抑えるのでニキビの改善効果、表皮を厚くする作用でアンチエイジングなど様々な効果が期待できます。
注意点としてはトレチノインは薬局などでは購入できないので、美容外科や皮膚科で処方してもらう必要があります。
健康保険が利用できないので、1か月分で10000円程度の費用が掛かってしまいます。また、空気や光に弱いため、すぐに活性が失われて効果がなくなってしまいます。
冷暗所での保管を行い、使用期限を守らなくてはいけません。

アンダーや脇の色素沈着はトレチノインで解消

無駄毛の処理方法の1つに挙げられるのがカミソリです。
カミソリは価格も安く、無駄毛が気になった時にサッと処理できる手軽さや誰でもすぐに購入できる利便さが魅力です。
初めて無駄毛処理を始めた時から、ずっとカミソリ派という女性も少なくありません。
ですが、カミソリで自己処理する事によって色素沈着が起こりやすくなるということをご存知でしょうか?
カミソリの刃は私達が思っている以上に、肌には大きな負担をかけており、肌はダメージを受けるとその部分にメラニン色素を生成します。このメラニン色素が肌細胞に沈着してしまうと、色素沈着となってしまうのです。
特に脇とVラインなどアンダー部分は、色素沈着が起こりやすい部位と言われているので、長年カミソリで自己処理した事により、脇とアンダー部分が黒ずんでいるという女性もいるのではないでしょうか。
そのような時はトレチノイン外用薬で対策してみましょう。
トレチノイン外用薬はシミ治療に用いられる薬で、美容皮膚科など美容系のクリニックで処方してもらえます。
ビタミンA誘導体の1種であるトレチノインは、浸透力に優れており肌の一番奥にある基底層という部分にも作用する点が特徴であり、そこで肌細胞の生成を促してくれるので、メラニン色素を含んだ肌細胞は皮膚表面へと押し上げられるような形となります。
この作用によって自己処理でできてしまった、脇やアンダー部分の色素沈着も薄くする事ができるという訳です。
無駄毛を処理しても色素沈着が気になり、ノースリーブや水着を着られなかったという方は一度このトレチノイン外用薬を使用してみてもいいでしょう。

肌の成長や正常化を促すビタミンAと似た働きをするトレチノインは、ニキビ、シミ、肝斑だけでなく、加齢などによる小じわの改善にも効果的です。 肌のアンチエイジングに役立つ成分として美容の分野で広く活用されています。 美容皮膚科などで処方される医薬品や、市販のスキンケア化粧品や美白クリームなど、トレチノインは数多くの美容製品に配合されています。日本では未承認ながら、トレチノインはWHO(世界保健機関)が制作した必須医薬品リストにも記載されている確かな実績を持つ医薬品成分です。

引用元:通販で購入できる商品と価格・効果・副作用|薬の通販オンライン

トレチノインを通販で買うには

ではそのトレチノインはどのように入手すればいいのでしょうか。病院で処方してもらうのも手ではありますが、もっと手軽な方法があります。
それが通販を利用した方法です。
トレチノインは元々はニキビ治療薬として使用されているものですが、肌の若返りに対する効果も認められています。
ですが日本ではトレチノインを入手することが難しいと言われています。
それはトレチノインが劇薬とも言われており、知識のない人が自由に使用すると危ないと考えられているからです。
病院で処方してもらうのが安全ではありますが、すでにトレチノインの使い方や注意事項を知っている人からしたら毎回処方されるのも面倒に感じてしまうかもしれません。
個人が海外から輸入するという方法もありますが、聞きなれない人からしたらなかなか手が出しにくいかとも思います。
そこで個人輸入代行というサービスを利用すれば国内のネット通販を使っているような感覚で海外から薬を購入することができます。
ただ個人的に購入する場合はすべてが自己責任で使用しなければならないので、もし肌に合わない場合にはすぐに中止するようにしましょう。
安全な方法としては初めは病院で処方してもらい、自分の肌に合うと感じれば次回からは通販で購入するといった手段が良いでしょう。
外国の化粧品は、外国人の肌に合うように作られているので、自分の肌に合うのかわからないものです。
通販で購入後はすぐに顔には塗らずに、まずは手に少しだけ使用してみて相性を確かめておきましょう。
一日経っても痒みや赤みなどの肌トラブルが出なければ大丈夫です。
最初に使う時は少しだけにしておくことが重要で、どんな反応が出るかわかりませんので特に敏感肌の人は注意しましょう。

記事一覧

皮膚炎には、様々な種類があります。 接触皮膚炎は、外から体に付着した物質が原因で発症する皮膚炎であり...

シミは、様々な原因によって発生します。 紫外線の影響でシミができる人が多いのですが、その他の原因でシ...

シミ治療にトレチノインという薬剤が注目されていますが、なぜシミ治療に効果的なのでしょうか。 簡単にそ...

何についても目標を持つことは良いことですが、美容やダイエットなど健康にも関わることで、無理をしすぎな...

トレチノインは美容系クリニックで処方される、外用薬の1つであり、ビタミンAを誘導体化した、ビタミンA...

トレチノインは、ニキビ、シワ、シミを改善する他、真皮にも働きかけ、コラーゲン生成を促します。 そのた...